Warning: Use of undefined constant infocat - assumed 'infocat' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/kotonoca/www/ikuji/wp-content/themes/ikuji_twentyfifteen/content2-latest_info.php on line 28
テーマ:

言葉づかいが悪すぎる!そんな息子に読ませたい絵本

おい!コノヤロー! まずそうだな〜 バカヤロウ!

3歳ごろから悪くなり始めた長男の言葉。

6歳が近づく最近ではますますエスカレートをしてきてウンザリ。。

もう少しいい言葉を使ってくれないかな…そんな思いで、挨拶にまつわる絵本を読んでみました。

若き紳士・淑女のための礼儀作法の本

bookそんなときなんていう? S.ジョスリン文 Mセンダック絵

きみはカウボーイ。そこへ突然わるいやつが背中から拳銃をつきつけてきて「どたまに かざあなあけてやろうか?」とすごむ。

そんなとき なんていう?

「いいえ けっこうです」

1979年に発刊された絵本。谷川俊太郎さんが訳をしています。

 

買い物をしていて、ワニにぶつかったら?自家用機で飛んでいて、公爵夫人の家の屋根にあなをあけてしまったら?

そんなとき、なんていえばよいのでしょうか。

 

あまりに奇想天外。そんな状況でも、まずはしっかりと礼儀正しくご挨拶するところが面白い。

 

良いことをしてもらったらなんていう?というような単純な問いは一つもありません。

子どもは、とにかく不思議なシチュエーションが面白いようで何度も読んでとせがみます。

 

ユーモアたっぷりな、エレガントな対応をこれで少しでも感じてくれたら…。

3歳〜6歳くらいが一番楽しめます。

それなりの挨拶を、おかんがえください

日本の五味太郎さんに描かれた、ご挨拶絵本もあります。

挨拶絵本 (GOMI TARO WORK SHOP)挨拶絵本 五味太郎

朝は「おはようごさいます」。お礼を言われたら「どういたしまして」。

基本は、まあこんなところ。でもそれだけでは少しもったいない。

では、一緒にいろんな挨拶の練習をしてみよう!

場面その1からその17まで。様々なシチュエーションでどんな挨拶をするかを考える絵本。

 

いつも元気なのに少し元気がない人に会った場合。嫌なことを言うやつに会った場合。宇宙人に囲まれた場合…。

 

この本に正解はありません。

子どもがどう感じて、どう言葉を発するのかは自由。

 

親子で一緒に、「どう言おうか?」と考えると楽しい!

2歳〜おすすめです。

はじめての、ことばのおべんきょう

ことばのべんきょう〈3〉くまちゃんのごあいさつ (福音館のペーパーバック絵本)ことばのべんきょう くまちゃんのごあいさつ かとさとし

最後は、1歳からおすすめ。おはようからはじまり、おやすみなさいまでをのせた絵本。

 

言葉を覚え始めた、1歳8ヶ月の次男のお気に入り。

「モシモーーシ」と絵本のまねをしています。

 

場面は多岐にわたり、お見舞い・結婚式まで。

「ごめんなさい」「もうしません」「ゆるしてください」なんて叱られたときの挨拶言葉まであります。

 

この本の特徴は、各ページでたくさんの人達が挨拶をしあっているということ。

見送りのときには「ごきげんよう」「おげんきで」「気をつけて」。

お別れのときには、7人もの人が「さようなら」と言っています。

 

挨拶は、一方通行のものではないんだよ、というメッセージがよく伝わります。

言葉は、気持ちを伝える大事なもの

今回3冊の絵本を読みきかせてみて、言葉はコミュニケーションのための大事なものなんだ、と私が改めて思い知りました。

 

言葉づかいが悪いときに、私はなんて注意していただろう。

「言葉わるすぎ!」「コノヤローだぁ??」「ママはバカじゃないからね。バカって言ったらもう口聞かないよ」

そんなことを言っていた気がします。

 

息子につられてガラの悪い言葉を使ってしまい、夫に驚かれたこともありました。

悪い言葉、そんなに深い意味では言ってない

冷静に考えると、本人は、こちらが感じるほどの悪意を持って言っていないことのほうが多いんです。

 

言葉の響きが面白いから。大人が反応するのが面白いから。

これからは過剰反応をせずに、「ママはそういう言葉を言われると悲しいな」と感情を伝えることからはじめようと思います。

息子のふりみて、わがふりなおさねば

こんなデータもあります。

【平成26年の国語に関する世論調査(文化庁)】

Q.子どもの言葉遣いに与える影響が大きい人やものは?

A.テレビ…81.4%/母親…72.3%/父親…67.8%/友達…63.4%

 

テレビの次は母親なんです。

 

ただ、「与える影響」は悪いものばかりではない。

子どもは良い影響だって素直に受け止めてくれるはず。

 

反抗期だったり、友達との関係もありますから、すぐに言葉が変わることは期待していません。

 

でも、子どもの心に根付く言葉は、やっぱり気持ちの良い言葉にしたいから。

親子一緒に、あいさつ絵本からいい影響をもらおうと思います。

2015.10.21